僕らのジーニングカジュアル

ジーニングカジュアルとは ジーンズ主体で構成するスタイルのこと。 それは、“ジーンズといえばマエムラ”を 合言葉にする洋服屋のポリシーであり 愛するファッションでもあります。 前村と今村、当店の古株ふたり。 キャラクターはずいぶん違いますが ファッションに対する熱い気持ちは同じです。

ファストファッションが流行する今だからこそ、長く着れる服を届けたい。

【今】 安価なものをたくさん買うという価値観と、少し高くても愛着を持って長く着られるものを買うという価値観。今は2つの価値観が二極化してますよね。

【前】 ずいぶん固い話だね(笑)。でも確かにそう。〈マエムラ〉としては後者のスタンスを取りたいな。“エコ”という視点で考えると、長く着られる服、つまり質がいい服ということになる。少し値段が上がっても、長い目で見たらそうではないし。

【今】 そうですね。“長く大切に着られるもの”を探しに来てくださるお客様も多いですし、裏切りたくはありません。

【前】 君も言ってたもんね、「すぐヘタるTシャツは嫌だ」って(笑)。本当に良いものを揃えることは、洋服屋として譲れない部分。例えばブランドのネームバリューだけで判断しない、とか。実際に商品の品質を確かめてから仕入れる。当たり前のことかも知れないけれど、そういう真面目な商売をこれからも続けたいね。

【今】 ファストファッションもジーンズを積極的に扱っている今だからこそ、“本物”を届けたい。それは、いち洋服好きの願いでもありますよね。

接客に心を求める。本当に似合う服を提案したいから。

【前】 そういう意味でもスタッフの力は重要だよね。

【今】 実際に商品の素晴らしさを伝えられるのは、店舗でお客様と向き合うスタッフですからね。

【前】 手前味噌だけど、その点には自信を持ってる。みんなガッツあるし、常にアンテナを張って勉強している。そうでなければ売り場には出せない。

【今】 ただ伝えるだけではなくて、サイズ感も含めて“本当に似合う服”を提案したいですね。僕が高校生の頃、百貨店の洋服売り場で、Mサイズの体型の僕にLサイズを勧める店員さんがいて。たぶんMサイズの在庫がなかったんだろうと今は分かるんです。親に買ってもらう手前、文句も言えずLサイズにしたけれど、やっぱりほとんど着なかった。そんな売り方は絶対だめ。洋服屋として失格だと思う。

【前】 洋服は家にいながら買える時代。実店舗の魅力はやっぱり人と人とのコミュニケーション。お客様一人ひとりに対して、どれだけ親身になれるかだと思う。血の通った接客を徹底していこう。

女性のハートを掴むジーニングカジュアルへ。

【今】 あとは、女性のハートをもっと掴みたいですよね(笑)。

【前】 (笑)もっと女性に満足していただけるお店にしないと。そのためには今以上に、提案する側の僕らがファッションを楽しまないといけないね。売り場に楽しんでいる雰囲気が充満してないとー

【今】 お客様も楽しくない。

【前】 うん。お客様と一緒に楽しみたいよね。お店の雰囲気がいい。面白いスタッフがいる。アミューズメントパークは言い過ぎだけど、それに近い存在。そういう〈マエムラ〉の魅力も含めて、僕らのジーニングカジュアルだから。